2019秋イベント #E3甲 第二段階(vs戦艦水鬼)【激突!スラバヤ沖海戦】

#E3-2甲 vs戦艦水鬼海域&敵編成&推奨√
2019fall e3-2 map
ボスマス(O)の戦艦水鬼の耐久と連動するゲージを破壊するとクリア。
前段作戦の締めでもないのに"戦艦水鬼"が出てくるようになるとは……。ただ随伴艦は貧弱なのでそんなに強くないです。
特に削り段階は第一段階より楽かも。その代わり"戦艦水鬼改"自体は強力なので最終形態はちょっと硬いです。

1戦目(D),[第一陣形]いきなり"ソ級"ですが編成の都合上対潜役を用意出来るので問題なし。
2戦目(E),[第一陣形]1戦目と同じ。この2戦のために対潜役を3人用意すると吉。
2戦目(G),[第四陣形]特筆する点なし。一応こちらに駆逐艦が多いので綺麗に当たると事故ることも。
3戦目(J),[第四陣形]上4隻がちょっと強いので撃ち漏らすとちょっと怖い。第一段階と同じ(・◇・)

ボス(O),[第四陣形]ボスも第一段階と似たような感じですが相手が連合艦隊+戦艦なので
早々に"戦艦水鬼"に火力艦が大破させられでもしない限りはむしろ楽かも知れません。
その代わり最終形態は"戦艦水鬼改"自体のスペックが高いので少し硬く感じるかも。
と言っても随伴艦がほぼ変わらず昼戦で"戦艦水鬼改"だけにするのは比較的容易なので
あとは「神通」や「羽黒」、または魚雷CI艦が装甲を抜くだけ。何回か到達すればいけるはずです。

√固定法は【(戦艦/正規空母)0+駆逐6↑】駆逐6が必要かもあやふやですがこれでも戦力は充分でした。
第一段階のボスへは行けなくなるのか何かしらの分岐条件があるのかは不明ですが同じ編成で
第二段階のボスへ行ってくれます。ドロップも一緒であればそもそも行く必要性も薄いですが(・◇・)

どうやらドロップが違うかも知れないみたい?「Fletcher」が[#E3-1(M)]限定の可能性があって
第二段階のゲージを破壊していなければ「秋津洲改/明石改」編成による"泊地修理"マスを経由して
"水上打撃部隊"でも通れるみたいですが第二段階のゲージを破壊するとその√も通れなくなる?みたいなので
「Fletcher」を狙う提督は先に周回推奨かも?ちょっと私は試せないので詳しくは分かりません。


特効倍率持ちとされる艦娘:「夕立」「雷」「電」「村雨」「五月雨」「山風」「江風」「漣」「潮」「雪風」「時津風」「天津風」「那珂」「神通」「那智」「足柄」「羽黒」「龍驤」(1.1~1.2倍?)スラバヤ沖海戦参加組から他にもいそう。
紫電f私の編成+基地航空隊
[#E3-2]編成
ほぼ第一段階と一緒で「村雨」を対潜+探照灯役にして「雪風」を魚雷CI装備にしただけ。※「雪風」はサブ。
「龍驤」に"彗星"だと制空値が足りませんでしたが"爆戦"系を載せると削り段階では航空優勢↑が取れるはずです。
ただ最終形態ではこれでも航空優勢↑が取れなかったのでざっと計算すると基地航空隊でがっつり削れると
航空優勢↑が取れなくもなさそうですが相当上振れが必要っぽいので航空互角でも良しとするか、
「龍驤」に3個艦戦を載せるか、お札状況が判明してここで航巡等に枠を割けるのであれば水戦で補助する等が必要です。
それか基地航空隊を調整して1個"陸戦"を配備すれば航空均衡調整に出来ると思うのでそれならいけるかも?
[#E3-2]基地航空隊
引き続き"陸攻"×4をボス(O)に集中。削り段階であればこれで航空均衡調整になっているはずですが
最終形態になると航空劣勢調整になってしまうので相手の制空値を削りたい場合は1個"陸戦"を混ぜると良いかも。
ボス(O)までの必要行動半径は6なので"一式戦 隼"シリーズでも届きます。


紫電f最後は
[#E3-2]最後[#E3-2]最後
「雪風」の魚雷CIが刺さって終わり。と言っても残り189HPだったので不発でも「羽黒」の連撃でいけたかな?
"戦艦水鬼改"Σ(゜゜)と最初は身構えましたが随伴艦が貧弱なので「那智」「羽黒」等特効持ちの攻撃で
簡単に掃討出来て"戦艦水鬼改"だけに出来ればあとは装甲を抜くだけなので過去イベ程の脅威は感じません。


#E3報酬(甲)
勲章緊急修理資材×46inch連装速射砲 Mk.XXI★4
Bofors 15cm連装速射砲 Mk.9改+単装速射砲 Mk.10改 Model 1938「Perth」モザイク
「Perth」も気になるところですがとてつもなく名前が長い装備も実装されてそっちに目が行きます。
悪くないスペックな気がしますけどフィットとかボーナス次第ですかねー。それは置いといて「Perth」はクール系?
海域浄化カットイン#E3 那智
#E3 海域浄化CIスラバヤ沖にて深海合同艦隊を撃破!
[#E3]は中破「那智」でした(・v・ )中破姿は狙って撮れないですし勝ち取った!感があっていいですね。
残念ながら「De Ruyter」との邂逅は叶いませんでしたが周回は容易そうなのでなんとかなるでしょう。