MMR編04 一角獣来たれり、審判の日まであとわずか

オオヨド「そういう事だったの、今この時期に【緊急泊地修理】が大本営からごり押されたのか。今、理由がわかったわ……。」霞(あー、これアカン時の大淀ね。近頃は見ないと思ったけど再発したかぁ。私はツッコまないわよ……。)アシガラ「どういう事なの、オオヨドッ?!」キヨシモ「どーいうことだってばよ!!」アサシモ「ばっか、キヨシモそれちげーよ。」霞「……。」オオヨド「みんなはおかしいと思わなかった?夏の欧州遠征の直

MMR編04 一角獣来たれり、審判の日まであとわずか

オオヨド「そういう事だったの、今この時期に【緊急泊地修理】が大本営からごり押されたのか。今、理由がわかったわ……。」霞(あー、これアカン時の大淀ね。近頃は見ないと思ったけど再発したかぁ。私はツッコまないわよ……。)アシガラ「どういう事なの、オオヨドッ?!」キヨシモ「どーいうことだってばよ!!」アサシモ「ばっか、キヨシモそれちげーよ。」霞「……。」オオヨド「みんなはおかしいと思わなかった?夏の欧州遠征の直

MMR編03 ラストハルマゲドンの襲来、破滅の時は18冬ッ!

オオヨド「なんという事なの……ッ!」霞「大淀?」オオヨド「私が愚かだったわ……ッ!」霞「どうしたのよ?」オオヨド「もっと早くに気づくべきだったのよ、運営鎮守府の目的に。」霞(あ、これアカンときの大淀だ。)オオヨド「《奴ら》が対潜激強化くらいで満足すると思い込んでいたなんて……浅はかだったわ。」霞「あー、何か前いってたわね。」アシガラ「何か、気づいたのね、オオヨド。でも何かしら、こんな大一番の前に。」オオ